Gutenberg Freaks

Gutenberg を読む会 Vol.8

こんにちは、みみです。

丁度、桃の節句の開催と相成りましたVol.8は、目出度さが重なって新メンバーを迎えての開催となりました。

新メンバーめがねさんを迎えて。背景にこだわり始めた?フリークスのみなさん

というわけで、8回目となる今回は、真面目に聞きたいことをリストしてきてくれためがねさんの疑問にみんなで答えてみる会となりました。

というわけでそのメモからかいつまんでいくつか紹介します。

質問その1: ブロックエディタ開発って何かライブラリーやプラグイン使ってる??それともオレオレで1からReact書いてる??

答え:大体は1から、もしくは過去の自作ライブラリから引っ張ってきたりする。

https://developer.wordpress.org/block-editor/packages/packages-create-block

質問その2: ブロックスタイルって安易に設定して大丈夫? PHPでかける分楽なので安易にスタイル増やしてしまって、パターン1〜10みたいな感じでスタイルバカバカ増えてしまいそうなのだけど、なにかルールとか各々決めてる??

答え: そもそもパターンが10個とかある時点で、設計のレベルで見直したほうが良いかも。そういうエディタの性能以前の問題で、あんまり増やしすぎないほうが良いと思われる。

とかとか他にも沢山質問飛び交ってたけれど、メモみてもちゃんと思い出せなかったごめんなさい…。

あと他のメンバーからの質問として

exampleって何奴?

答え: 左上のaddボタン時に出てくるプレビューの値です。何故どっちにも出さないのかは謎。

参考:
exampleについてのハンドブックの説明箇所
https://developer.wordpress.org/block-editor/developers/block-api/block-registration/#example-optional

配列の分割代入について

急にこ難しい話なのですが、配列の分割代入の話が出ました。これattributes周りで出てくるんですが、まだイマイチ私分かってないので、メモ書きを貼っておきます。

トロさんの書き方↓

edit: ( { className, setAttributes, attributes: { url, name } } ) => {

この場合attributes という変数は無い。そういう文法なので覚えましょう。

edit: ( { className: abc }) => {

この場合、 className が存在せず、 className の内容が、 abc に代入される。

edit: ( { className: className }) => { の省略形が、edit: ( { className }) => { となる。キーと変数名が同じ場合は省略できる。

とのことです。

参考:
分割代入 – JavaScript | MDN
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/Destructuring_assignment


ごめんなさい、今回のレポート完全に走り書きですが何卒お許しください。

そしてやっぱり、てっぺん回ってから何度目かのuseSelectの話、Reduxの話になりました。というわけで次回はRedux入門・再入門をやることになりました。乞うご期待。

Posted in